野球肘の治療院を滋賀県でお探しなら健スマ整骨院へ

こんなお悩みありませんか?

☑ ボールを投げる時に肘の内側が痛む

☑ バッティングはできるが、ピッチングができない

☑ 痛みで完全に曲げ伸ばしができない

☑ 軽く投げれるが、全力で投げれない

☑ 「成長痛」と言われて安静にしている

野球肘について

野球肘は、成長期のピッチャーやキャッチャーに多く見られますが、ボールを投げすぎることで生じる障害を野球肘と言います。

投球時や、投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなったりすることがあります。

野球肘の原因

繰り返しボールを投げ続け、疲労がたまりすぎてしまい、肘にかかる負担が過剰になることが原因です。

しかし、同じ球数を投げていても、怪我をする選手と怪我をしない選手の違いはなぜなのでしょうか?その違いは、大きく分けで2つあります。

1つ目は、動作に「硬さ」や「乱れ」があることです。

結果的に、肘に痛みは発症しますが、肘だけで投球を行っているわけではありません。肩関節や、肩甲骨、体幹、股関節など、全身と連動して、「投球」を行っています。肘以外の柔軟性が低下してしまうことで、結果的に肘にかかる負担が増えてしまっていると言えます。

また、フォームそのものに問題があり、肘にかかるストレスを増大してしまっている可能性もあります。

2つ目は、「姿勢の悪さ」です。痛みが出てくるのは、運動時ですが、「運動外の姿勢」が悪いことで、日常の微細なストレスが増え、運動をしている際に痛みを感じてしまっているケースを多く見られます。あまり、運動時以外のところに目線を向けられているケースは少ないですが、野球肘を発症する子供は、授業中の姿勢が悪い子に多く見られます。姿勢を整えてあげるだけで、痛みが嘘のように消えていく選手もいます。

当院ならではの野球肘治療

炎症を抑える
オーバーユース(使いすぎ)によって、肘関節の内部で炎症反応が起こっていることが多いので、炎症を抑え、痛みをコントロールする「ハイボルト治療器」を使って、まずは症状を軽減させます。
柔軟性の向上
主に、肩甲骨、股関節の柔軟性をストレッチや筋膜リリースという方法を用いて向上させていきます。全身の柔軟性を高めてあげることで、肘にかかる負担を減らしていきます。
姿勢の改善
姿勢が悪くなることで、関節の動きが悪くなっているケースがほとんどです。姿勢矯正専用のベッド(トムソンベッド)を用いて、左右さや姿勢の乱れを整えていきます。

ご来院から施術までの流れ