滋賀県でストレートネックを改善するなら健スマ整骨院へ

ストレートネック

こんなお悩みありませんか?

☑ 慢性的な肩こりや首こりがある

☑ 頭痛がすることが多い

☑ デスクワークが長く辛い

☑ 首を回すと動きにくくて痛みがある

☑ レントゲンを撮ってストレートネックと言われた

ストレートネック自体は病名ではありませんが、本来緩やかにカーブしている頸椎がまっすぐになってしまうと、上記のように首・肩などの症状として発症することがあります。また、ストレートネックはレントゲンなどで分かりますが、普段は鏡などを見ても自分がストレートネックであるかどうかわからないので、ほとんどの人は気づかないうちにストレートネックになっています。

ストレートネックについて

 ストレートネックの状態

正常な頸椎はカーブしており、このカーブによって頭の重量による首への負担を軽減しています。しかし、ストレートネックになると、この大切なカーブが無くなるため、頭の重量による負荷が全て頸椎とその周りの筋肉にかかります。その結果「肩こり」「頭痛」「頸椎症」などの原因となります。

注意点
ストレートネックは生まれつきの「骨の変形」では無く、デスクワーク・勉強・スマートフォンなどの「頭が前屈みになる生活習慣」によって作られる状態です。つまり、誰でもなる可能性があるが、改善も可能なのです。

 ストレートネックの原因と問題

原因は生活習慣や姿勢の悪さです。では身体の何が問題で姿勢が悪くなるのか見ていきましょう。

胸の筋肉が硬すぎる

胸の筋肉が硬いと「巻き肩」と言われる状態になります。巻き肩の人は背筋が伸びないので頭が前に出てしまうのです。

問題
1

背中の筋肉が弱い

背中の筋肉(僧帽筋の下部・菱型筋)が弱いと肩甲骨が正しく保持できないので、背筋が伸びません。

問題
2

腹圧が弱くて入らない

腹圧が弱いと、腰椎をきちんと支えていられないので、背筋が伸ばせません。座っていると画像のようになってしまいます。
問題
3

骨盤が前傾又は後傾しすぎている

骨盤が前傾又は後傾していると、お尻が出過ぎるか背中が丸くなるかどちらかになるため、結果的に猫背になります。

問題
4

ストレートネックの根本原因は首以外にある

根本的な問題は上記のように胸・背中・インナーマッスル・骨盤にあります。首や肩が辛いからといって患部だけを施術しても解決にはならないのです。

当院のストレートネックに対する治療

ストレートネック改善のための治療は患者様の身体の状態に合わせたオーダーメイドでおこないます。問題のある箇所を集中的に施術することで早期の改善を目指します。

ストレートネックによって肩こりや首こりがあるケースでも、ただマッサージをするという施術はおこないません。あくまでも根本改善にこだわっています。

トリガーポイント
ストレートネックを引き起こしている、肩甲挙筋・斜角筋・菱型筋・小胸筋などにピンポイントでアプローチします。これらの緊張した筋肉が伸びやすくなることによって、首へのストレスが軽減されます。
インパクト
肩甲骨周辺に振動を与える(痛みはありません)ことによって、肩甲骨の動きを良くします。肩甲骨の動きが良くなると肩関節や首の動きも連動して改善するため、ストレートネックの改善につながります。
コンプレッションストレッチ
いわゆる「姿勢筋」という姿勢を整えるための筋肉をストレッチします。ストレッチによって回復した姿勢筋は施術前よりも働きが良くなるため、自動的に姿勢を伸ばしてくれるようになります

ご来院から施術までの流れ