腱鞘炎の治療院を滋賀県でお探しなら健スマ整骨院へ

腱鞘炎の症状

こんなお悩みありませんか?

・ 調理でフライパンを持ったときに手首が痛む

・ 文字を書いたりパソコンを入力するとき指が痛む

・ 腱鞘炎と診断されたが改善しない

・ 少し手首を動かしただけでも親指の付け根が痛むことがある

・ 親指から手首がうずくように感じることがある

これらは「腱鞘炎」の症状とされます。しかし、整形外科などの病院を受診すると「様子をみましょう」。そして「湿布痛み止めを出します」と言われることが多いです。
腱鞘炎は投薬や塗り薬などで簡単に改善しません。当院は、手術や薬に頼らない施術で症状を改善した事例と経験を持っています。

腱鞘炎ついて

腱鞘炎の症状とは

親指の付け根が最も多い

腱鞘炎とは、手指の腱が骨などの硬い組織と摩擦する。そして炎症が慢性化している状態のことです。
腱が炎症を起こして腫れると、余計に摩擦を起こしやすくなるため改善が難しく慢性化します。手首や親指は仕事や家事において最も使います。そのため腫れがひくまで安静にしているということが出来ません。そしてこのような症状が続くと、痛みを庇うのです。そこから手首の変形などがおこることもあるのです。

 腱鞘炎の根本的な原因

整形外科などの医療機関では腱鞘炎について「使いすぎ」「加齢による変性」という判断をされることが非常に多いです。
当てはまるケースもありますが、使いすぎても大丈夫な人と使いすぎると腱鞘炎になる人がいます。また、腱鞘炎は必ずしも加齢によって引き起こされる物ではありません。

腱鞘炎を発症する主な根本原因として、前腕部の筋肉緊張と、手や指の使い方の2点が挙げられます。

根本原因① 「手や指の誤った使い方」

腱鞘炎の痛み自体は炎症によるものですが、炎症が起こる原因として腱と周辺組織の摩擦があります。摩擦は正常な体の使い方をしていれば起きないものですが、誤った使い方を繰り返していると起こります。当たり前のようにおこなっている動作が腱鞘炎を引き起こしていることがあるのです。

根本原因② 「前腕部の筋緊張」

腱鞘炎は手首や指で痛みがおきますが、その原因は指につながる筋肉にあります。前腕の筋肉は肘から指までつながっているので、前腕部で筋肉が緊張すると腱や軟部組織のバランスが崩れて、摩擦が起きやすくなることがあります。

当院の腱鞘炎に対する治療

腱鞘炎の治療で重要なのは患部の腫れと痛みだけに注目しないことです。根本的な原因は腫れている部分にはありません。炎症を抑えて痛みを和らげることも重要ですが、それだけでなく原因となっている筋肉の緊張にアプローチして根本的に腱が摩擦を起こさない状態を作り上げることが再発を防止するためのポイントです。

当院では腱鞘炎の根本原因や症状に合わせた独自の施術を行っております。
投薬や湿布などに頼らない治療法です。

ハイボルト
腱鞘炎における痛みの原因となる患部の炎症にアプローチする治療法です。高圧の電気を患部に流し炎症の改善を促進させます。
トリガーポイント療法
腱鞘炎に直接関連する前腕だけでなく、必要であれば関連のある上腕・肩に対してもピンポイントで筋肉の緊張緩和を促す施術です。
生活指導
一人一人の生活スタイルを丁寧にヒアリングして、無理のない指導をします。指や手首への負担を軽減できる動かし方や使い方をアドバイスします。

ご来院から施術までの流れ