滋賀県で顎関節症を改善するなら健スマ整骨院へ

顎関節症

こんなお悩みありませんか?

・ 口を開けると痛む

・ 口を開けるときに音が鳴る

・ 食事をするときに噛むと痛い

・ 原因不明の肩こりや頭痛がある

・ 顎関節症と診断されたが処置は無し

食事などの口の開け閉め時にのみ、痛みなどの問題が発生するイメージですが、顎関節は首や頭に近いため首の痛みや頭痛などの原因にもなるやっかいな病態です。

顎関節症について

 状態

顎関節に関連する「筋肉」「関節」「軟部組織」「骨」これらのいずれかに問題が生じていることで、痛みや口が開かないなどの症状が現れます。痛みそのものは患部の炎症によることが多いです。

注意点
咀嚼などの開口閉口動作は無意識にやっているため、顎関節に問題が起き始めていても気づかないことがあります。痛みが無くても顎関節の動きに違和感がある場合は顎関節症予備軍である可能性もあります。

 顎関節症の原因と問題

顎関節症の原因は様々です。しかし、臨床上で顎関節症の方は共通して筋肉に問題が発生していることです。また、神経の問題も起こりやすいため結果として顎関節の動きに異常が出ています。

頸部の筋肉の問題

胸鎖乳突筋は鎖骨から顎に走っている筋肉です。首の使い方が悪いためにこの筋肉が正常でなくなると、顎の運動に影響を出すことがあります。

問題
1

頭部の筋肉の緊張

側頭筋はこめかみ付近を走る筋肉ですが、咀嚼運動に関連します。長時間のデスクワークなどで疲労を起こすと咀嚼運動に影響することがあります。

問題
2

顔面の神経の問題

顔面には沢山の神経が集中していますが、この神経は様々な日常生活のストレスの影響を受けます。

問題
3

顎関節症の問題は咀嚼筋だけではない可能性もある

顎関節症の確実な原因というのは無く、人それぞれ異なります。咀嚼筋に問題が起こることが多いですが、根本から改善するためにはもっと身体の全体を見ていく必要があります。

当院の顎関節症に対する治療

顎関節症の早期改善のために、当院では「根本的原因を特定」し、「最短で改善するための治療計画を立てる」そして「最適なオーダーメイド施術」をするという流れでおこないます。顎関節症の原因は様々なので、重要なことは貴方に合った施術をすることです。

下記では治療例をご紹介致します。

TNブレイン
異常を起こしている顔面神経にアプローチする施術です。顎関節症による痛みを即時和らげることが出来るだけで無く、神経による動作異常の改善になります。
コンプレッションストレッチ
顎の運動に関連する筋肉の専門的ストレッチをおこなう施術です。この施術の効果は対象の筋肉の動きが良くなるため、顎関節の運動も同時に改善することです。少し動きが変わるだけでも症状が大幅に改善するケースも沢山あります。
生活指導
食事中の咀嚼運動を含めた日常生活のケアをどのようにおこなうべきかアドバイスいたします。施術後に大きく改善しても、間違った使い方をすれば元に戻ります。それを防ぐために一人一人に合ったアドバイスを丁寧におこないます。

ご来院から施術までの流れ