手や指の痺れでお悩みなら、滋賀県の健スマ整骨院へ

手や指の痺れとは

こんなお悩みありませんか?

☑ 定期的に手に痺れを感じて気持ちが悪い

☑ 手や腕に痺れと痛みがありストレスになっている

☑ 朝起きたら手に痺れを感じることがある

☑ 手に感じる痺れが段々と強くなっている気がする

☑ 首から腕にかけて痺れを感じている

「そのうち治る」と思って放置していませんか?また、整形外科で「年齢のせい」「手術をしないと治らない」と言われ、症状改善を諦めていませんか?
当院では、手術や飲み薬、注射などに頼らない施術で元気に治療を卒業される患者様をたくさん送り出した経験を持っています。

手や指の痺れついて

手・指の痺れの症状

手や指の痺れは神経が圧迫される事で起こる

骨の周りを走る黄色い繊維は神経です。手や指の神経は首から始まり、指先まで続いています。首から痺れが起こっている地点までの間に何らかの異常が起こり、痺れとなって現れているのです。つまり、手や指が痺れているからといって手や指に問題があるとは限りません。

 手や指の痺れの根本的な原因

手や指の痺れについて病院などを受診すると「加齢による変性」などと言われることが多くあります。これはつまり「原因不明」と同意です。レントゲンやMRIなどの画像診断で原因がはっきりしない症状に関しては原因を特定することは難しいのです。しかし、年齢を重ねたからといって誰もが手の痺れを経験する訳ではありません。

手や指の痺れは根本的に筋肉の緊張や姿勢バランスなどがわるくなることが原因で起こる場合がほとんどです。

根本原因① 「筋肉の緊張」

「首」「鎖骨下」「脇の下」「前腕」のいずれかで筋肉が過度に緊張してしまい、その部分を通る神経に触れたり圧迫したりしてしまうことによって、その神経の終着点である手や指に痺れの症状が出てしまうケースです。筋肉は緊張すると硬くなったり膨らんだりするので神経の流れを邪魔してしまうのです。

根本原因② 「不良姿勢」

そもそも、身体が本来のバランスを維持できていれば筋肉が神経に触れたり圧迫したりすることはありません。身体のバランスが悪くなっているから、余計な筋肉の緊張を引き起こしたり、神経圧迫を起こすのです。「身体のバランスが悪い」=「姿勢が悪い」と言い換えることが出来ます。

当院の手や指の痺れに対する治療

手や指の痺れを改善するために必要なことは2つです。

1、首から手の間のどこで神経の圧迫をおこしているかを特定すること

2、神経圧迫の根本的な原因を取り除く施術を検討すること

1を適切におこなうことで、痺れの症状は徐々に緩和されます。しかし2が改善しないといずれまた1の状態に戻り、痺れの症状が現れてしまいます。
これらを改善していくことができれば、痺れの症状を根本的に解決することは可能です。

当院では痺れの根本原因や症状に合わせたオーダーメイドな治療を行っております。
その一例をご紹介します。

トリガーポイント療法
手や指の痺れの原因となっている箇所、「頸部」「胸部」「脇の下」「前腕」のいずれかの問題を特定してピンポイントで筋肉の緊張を和らげ神経の圧迫を取り除きます。
動作の改善
コンプレッションストレッチというテクニックを使用して、肩関節・頸椎・肩甲骨・胸椎の動く範囲を広げます。それにより余裕をもった神経の通り道を確保することが出来るため、痺れの再発予防に繋がります。
姿勢の矯正
正しい姿勢を定着させる施術です。姿勢不良が根本的な原因になっていることが多いため、これにより症状の改善はもちろん、再発を防ぐことが出来ます。

ご来院から施術までの流れ