テニス肘の治療院を滋賀県でお探しなら健スマ整骨院へ

こんなお悩みありませんか?

☑ 肘の外側が動かすと痛い

☑ 肘が痛くてラケットやクラブが握れない

☑ ものを持ち上げようとする時に外側が痛む

☑ 肘が痛くてペッドボトルの蓋が開けられない

☑ パソコンのタイピングが痛くて辛い

テニス肘について

テニス肘は正式には上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)といい、肘の外側に痛みが出てくる症状を言います。主にテニスによって起こる障害ですが、ゴルフや卓球、バドミントンなどのスポーツや、スポーツ以外の手作業でも生じることがあります。

仕事などでパソコンやマウスを日常的に使っている人は、筋肉や腱に負担がかかるために肘に痛みが出やすくなります。

テニス肘の原因

テニスの打球動作やパソコン作業などで肘に繰り返し負担がかかり、筋肉が緊張してしまうことで起こります。

手首を伸ばしたり、テニスでのバックハンド時に痛みを強く感じることが多いです。

痛みの直接的な原因は、肘の筋肉が緊張していることですが、原因となっているのは肘だけではありません。

筋肉は「筋膜」といって複数の筋肉と協力して、連動させながら身体を動かしています。テニス肘(外側上顆炎)の原因となる筋肉は下の図のような繋がりをしています。

肩の筋肉や、首、背中の筋肉と繋がっているのがわかると思います。

最終的に痛みを感じてしまっているのが、肘の部分ですが、実はこれらの肘以外の部分が悪くなっていることで、なかなか症状が改善しにくくなってしまっているのです。

・腕の筋肉や手の筋肉を「ストレッチ」しているが、一向に良くならない

・痛みのあるところに対して、「電気」や「マッサージ」を受けている

・肘の部分にアイシングをしているが改善しない

・「安静にしていないと治らない」言われたので、スポーツを休止している。

当院ならではのテニス治療

筋膜調整
肘周りの筋肉だけではなく、関係の深い筋肉を全体的に調整をしていきます。
炎症を抑える
肘部で発生している炎症を「ハイボルト治療器」で抑えていくことで、強い痛みを軽減させていきます。
バランス矯正
テニス肘の根本的な原因は、身体のバランスが崩れていることがほとんどです。土台である姿勢や身体全体のバランスを整え、再発しない身体を作っていきます。

ご来院から施術までの流れ