シンスプリントの治療院を滋賀県でお探しなら健スマ整骨院へ

こんなお悩みありませんか?

☑ 走ったり、ジャンプするとスネの内側が痛い

☑ 運動時や運動後に痛みが強くなる

☑ スネの内側を押さえると痛む箇所がある

☑ 「成長痛」といわれ安静にしているが、治らない

☑ 安静にしているとマシだが、運動したらすぐ痛む

シンスプリントについて

シンスプリントは、走る、蹴る、跳ぶ動作を繰り返すことで、すねの内側に痛みがでるスポーツ障害の一つです。主に、陸上競技、サッカー、バスケット、バレーボールなどのスポーツに多く発生します。

痛みはすねに沿ってうずくような痛みで始まり、筋肉が骨に付着するラインに沿って起こってきます。運動し始めに痛みが出てきて、途中は痛みが消えるが、運動が終わった頃にまた痛くなることが多いです。

【シンスプリントの症状の程度】

ステージ1:痛みはあるが、ウォーミングアップにより消失する

ステージ2:ウォーミングアップにより痛みが消失するが、スポーツ活動終了近くに痛む

ステージ3:日常生活に支障はないが、スポーツ活動時、常に痛む

ステージ4:局所の痛みは常に存在して日常生活にも支障がある

シンスプリントの原因

主にオーバーユース(使いすぎ)が原因ですので、過度な運動量、運動内容、フォームの変更、硬い路面でのランニングなどの負担が増えすぎてしまっている時に発生します。

痛みが出てくるのは、すねの内側に出ることが多いですが、問題があるのは、スネの内側だけではありません。

シンスプリントの痛みの原因は、「筋肉」の緊張によるものです。

筋肉は、「筋膜」と言って1つだけの筋肉を使って身体を動かしているわけではなく、様々な筋肉と連動して動かしています。

ですので、痛みの出ているすねの筋肉だけの問題ではなく、繋がっている筋肉全ての問題であると言えます。

・すねの周りを「揉んだり」「伸ばしたり」してケアをしている。

・痛みのあるところに対して電気を当てたり、マッサージを受けている。

・すねの内側の骨に対してアイシングを毎日行っている。

安静にしてないと治らないと言われたので、スポーツを休止している

当院ならではのシンスプリント治療

筋肉を緩める
骨を引っ張ってしまうほど硬くなってしまっている筋肉を緩めていきます。局所的にではなく、身体全体の筋肉を緩めていくことで、症状の戻りが起こりにくい身体を作ります。
炎症を抑える
骨膜で発生している炎症を「ハイボルト治療器」を使用し、強い痛みを抑えていきます。高い施術効果を発揮してくれます。
バランスの改善
シンスプリントを発症してしまう根本的な原因は、「バランス不良」にあることがほとんどです。バランスを整えることで、負担の少ない身体作りを行なっていきます。

ご来院から施術までの流れ