胸郭出口症候群の治療院を滋賀県でお探しなら健スマ整骨院へ

胸郭出口症候群

こんなお悩みありませんか?

☑ 片方の肩から腕に痺れがある

☑ 腕のどこかに常時違和感がある

☑ 腕を上げたり首の動作で腕に痛みや痺れが出る

☑ 首の付け根や鎖骨周囲に痛みや違和感がある

胸郭出口症候群は首から指にかけてのいずれかの部位で、痛み・痺れ・違和感などが起こる症状の総称です。加齢がが原因と言われることがありますが、若いスポーツ選手などにも起こることがあるため原因は人それぞれです。

胸郭出口症候群の解説

どのような状態か

この3カ所のいずれかで神経圧迫を起こす。

上の図のように首から腕に走る神経や血管が胸から首の周辺で圧迫されることで痛みや痺れが出るのが、胸郭出口症候群です。3つの中で首の根元である斜角筋症候群による発生が最も多く起こります。スマホやパソコンのデスクワークなどで首に慢性的な負担をかけ続けることも現代人に胸郭出口症候群が増えている理由です。

 胸郭出口症候群の根本的な原因

症状自体は神経や血管の圧迫によっておこるものですが、圧迫しているのは斜角筋や小胸筋などの筋肉です。なぜこれらの筋肉は圧迫をおこすようになるのでしょうか?

根本原因① 「首周辺の可動性低下」

首や肩甲骨の可動性が低下する(動く範囲が狭くなる)と、首や胸の筋肉の運動が少なくなります。つまり首周辺の運動不足がおこるのです。それによって筋肉は血流が悪くなるので、酸素や栄養が不足してしまい硬くなります。硬くなった筋肉は神経や血管圧迫の原因となるのです。

根本原因② 「姿勢の悪さによる筋への負担増加」

姿勢が悪くなることによって骨や筋肉などのアライメント(配置)が正常な状態から変化します。正常なバランスであれば神経や血管はキレイに筋肉の隙間を通りますが、バランスがおかしくなることによって、神経や血管に触れてしまう組織が出てくるのです。

当院の胸郭出口症候群に対する治療

まずは患者様の身体の状態を正しく検査します。筋肉の状態・姿勢のバランスなどを視診や触診で丁寧に調べます。原因を特定したら一人一人に適切なオーダーメイドの施術をご提案します。

当院では胸郭出口症候群の根本原因や症状に合わせた独自の施術を行っております。
治療例をご紹介いたします。

トリガーポイント療法
胸郭周辺に固まってしまった筋肉があり、それが神経圧迫に繋がっていればピンポイントで対象の筋肉を和らげていきます。国家資格を持った施術者が手技にておこなう施術です。
インパクト
特殊な器具を使用して、動きの悪くなっている関節部分に軽い振動を与えて動作を向上させます。これによって胸郭周辺の可動範囲が広がるので、胸郭出口症候群の原因となる身体のバランスが改善します。
姿勢改善ストレッチ
不良姿勢を引き起こしている硬直した筋肉を的確にストレッチして、胸郭出口症候群の根本原因である姿勢を改善します。また、斜角筋や小胸筋といった神経圧迫の直接原因をストレッチするので即効性も期待出来ます。

ご来院から施術までの流れ