脊柱管狭窄症の治療院を滋賀県でお探しなら健スマ整骨院へ

脊柱管狭窄症の症状

こんなお悩みありませんか?

・ 5分から10分ほど歩くと痛みで休憩したくなる

・ 少し安静にすると、また歩くことができる

・ お尻から脚にかけてシビレが出ている

・ 前かがみになるとマシになり、反ると痛みが強くなる

・ 手術をすることも検討しているが、できれば手術をせずに改善したい

整形外科で「年齢のせい」「手術をしないと治らない」と言われ、症状改善を諦めていませんか?。
そうではありません。手術や薬に頼らない施術で元気に治療を卒業される患者様をたくさん送り出した経験を持っています。

脊柱管狭窄症ついて

 脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症とは、背骨内部の神経や脊髄の通り道である脊柱管が狭くなってしまう状態をいいます。
脊柱管が狭くなり内部の神経や脊髄が圧迫されることにより、腰の痛みや、お尻から足先までの全部分または一部分の痺れが出てきたり、少し歩くと腰や脚が痛くなってきますが、前にかがんで少し休むと楽になるという症状(間欠性跛行)が特徴的な症状です。中には、腰部脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアを合併してしまうケースもあります。

 脊柱管狭窄症の根本的な原因

整形外科などの医療機関では脊柱管狭窄症の主な原因は、加齢による椎間板の変性によって起こるものだと診断されるケースがほとんどです。
たしかに加齢に伴い体の水分量が低下し、椎間板が薄くなってしまうことで脊柱管が狭くなりますが、原因はそれだけではありません。

脊柱管狭窄症を発症する主な根本原因として、筋肉の緊張と、姿勢の悪さ(骨の歪み)の2点が挙げられます。

根本原因① 「筋肉の緊張」

腰周りの筋肉がこわばってしまうことにより、腰の神経が刺激され、神経の働きが阻害された結果、痛みに繋がっているケースが多く見受けられます。
主に腰と股関節を動かしている筋肉が緊張していることが多いですが、脊柱管狭窄症を発症する方のほとんどが、股関節の動きの悪さにより腰部の負担が強まってしまっています。

根本原因② 「姿勢の悪さ」

筋肉の緊張を引き起こしている根本的な原因の一つとして、猫背や骨盤後傾位といった姿勢の悪さが挙げられます。
本来の背骨というのは、横から見たときに滑らかなS字の弯曲を描いています。この弯曲があるからこそ、負担を分散し、身体を支えることができるようになっているのですが、猫背や骨盤が倒れた姿勢になると、骨で身体を支えることが困難となり、結果として筋肉への負担が増え、こわばってしまうのです。

当院の脊柱管狭窄症に対する治療

脊柱管狭窄症の治療で重要なこと。それは腰周辺の筋肉の緊張を改善していくことと、姿勢を改善していくことの2つです。
もし、これらを改善していくことができれば、少なくとも今感じてらっしゃる痛みを半減させることは可能なことが多いです。

また神経症状が出始めてから、多くの時間が経過するとします。その場合、症状の改善速度が低下しますので、なるべく早い受診が必要です。特に2ヶ月以上神経痛でお困りでいらっしゃる方は、今すぐにご相談ください。

脊柱管狭窄症の根本原因や症状に合わせたオーダーメイド治療を致します。
その一例をご紹介します。

トリガーポイント療法
脊柱管狭窄症の原因となっている固まっている筋肉に対しておこない、筋肉を和らげ柔軟性を回復させます。
動作の改善
コンプレッションストレッチを通して、主に骨盤、股関節周りの柔軟性を高め、身体を動かせる範囲を上げます。これにより腰にかかる負荷を軽減することができます。
姿勢の矯正
正しい姿勢を定着させる施術です。姿勢不良が根本的な原因になっていることが多いため、これにより症状の改善はもちろん、再発を防ぐことが出来ます。

自宅でできるセルフケア

 痛みや痺れが出ている場合に行う「足上げ休憩」

神経の圧迫を取ることを目的とした簡単な体操です。
手順は以下の通りです。

<「足上げ休憩」の手順>
①仰向けになって、両足のふくらはぎを椅子の上に乗せます。(膝の角度:90度)
②足首を時々動かしながら30分程キープしてください。1日2回行えるとベストです。

 膝抱えストレッチ

<「膝抱えストレッチ」の手順>
息を吐きながら両膝を5〜10秒抱える。(これだけです!)
※「足上げ休憩」を行いながら、5分に1回程度行う

ご来院から施術までの流れ